りんごのこと

 

THREE PEAKSのジュースやシードルの原料となる

りんごは私たち家族みんなで育てています。

 

2013年、陸前高田市米崎町で数十年間大切に育てられてきた老木のりんごの木がたくさんあるりんご園を借りた時からはじまりました。これまでの栽培方法を受け継ぎ、試行錯誤を重ね、2016年より減農薬栽培に取り組んでいます。

 

〜りんごへのこだわり〜

 

・有機質肥料のみ

化学肥料は使わず、超高温好気性発酵技術で製造した有機質バイオ肥料を使用。

・除草剤不使用

園内はもちろん、まわりの土手などにも使わないので、夏の間、両親には草刈りばかりやってもらってます。

・減農薬栽培

2016年から防除を自分たちで行うことにしたため、農薬は通常の40〜50%の使用量にしています。

・自然受粉

りんごの種類を多く植え、様々な植物もあるので、人工授粉やミツバチを放すこともなく自然に受粉できる環境をつくられています。

 

ジュースやシードルの原料となるりんごは甘み(糖度)だけではなく、酸味(酸度)も重要になります。摘果や葉摘みなど生食用のりんごとは区別して育てています。

老木のため、見た目はあまり良くないりんごが多いですが、年月を重ねた木から収穫されるりんごは美味しい中にも複雑な味わいを感じられます。

収穫後、追熟してりんごがもっとも美味しい時にシードルやジュースの仕込みに入ります。

 

Apple Juiceのご購入はこちらから  シードルのご購入はこちらから

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る